ロードスターのコンプレッサー交換

午前中に保険精算や書類をすませて、、、 んで、コンプレッサー到着! 目視、触診で異常なし・・・とっとと交換作業に突入です。 ホース内は撮影しづらいので逝かれたコンプレッサーの低圧側ポート、、、 そして高圧側ポート、、、 いずれも異物や鉄粉なくサイクル内は良好であることが伺えます(^^) 一気に交換して真空引き・・・負圧が保持できることを確認してエアコンガス注入! オイル交換も頼まれていたので油温が高いうちにさっさと交換。。 完成しましたが中途半端な時間になっちゃったよ(-_-;) 、、、ってことで外へ営業の旅に出掛けてきます。 当店のFacebookページを『いいね!』すると お得なキャンペーン情報や最新中古車情報がゲットできます!   お気に入りのバナーをポチっとしてください<(_ _)>

続きを読む

マツダラピュタ(スズキKEI同型車)の点検整備、、

さて、さっさと中古車も仕上げていかないと! マツダラピュタ(HP22S)。。 スズキ社からOEM供給される人気の軽自動車です(KEIと同型) まずはなんか変?なエアコンなどからみてみませう。。 いつのまにかコンプレッサークラッチがつながらなくなり、ボワ~っと生ぬるい風が吹き出すのはこのリレーが原因、、、 あまりにも故障が目立つのでホンダ社から供給されるミツバ製のリレーに交換しました! ※がんばろうぜ日本製 黒はクスミが出るとみっともないので軽くバフがけしてヘッドライトも磨き上げます・・・少しは男前になったでしょうか!? 機関系の点検整備も怠ってはいけません! 各部点検をおこないエアーエレメントなどの消耗品もザクザクと交換。。。 イリジウムプラグは長寿命ですが点検しなくてよいわけではありません・・・電極の状態を点検して、まだまだ使えそうなのでもうしばらくがんばってもらいましょう。。。 取り外したついでにスロットルの清掃などやっておくと後のトラブルを防げるかもしれませんね! エンジンオイルやオイルエレメントはすっきり交換! バフ粉を洗い流して簡易コーティングを施します・・・室内もきれいに仕上げて! ひとまず仮完成♪ あとはルーバー(吹き出し口)やエアコンフィルターなどの部品到着すればすべての作業が完了なのです! …

続きを読む

マツダMPV・・・その後

もうちょっと、、、 、、、ってところでぇ(;一_一) ※過去記事参照 エンジンマウントがぶち切れているのを発見(-_-;) 見なかったことにするのもなんなのでいそいそ交換、、、 まあマツダは部品到着が遅いのが常でなんか時間かかっちゃいました。。。 パッド残量はたっぷりありますがブレーキフルードなんてのは走らなくても劣化するモノなので、、、 走行距離は6.4万キロ・・・この年式にしては少なめですが薬品を使って動力性能改善を目指します! 使用薬品名はエンジンリフレッシュ(PITWORK製) スロットルから燃焼室まですっきりしてくれる優れモノです(^o^)/ 本日車検も無事合格して納車準備も最終段階なのです。。 当店のFacebookページを『いいね!』すると お得なキャンペーン情報や最新中古車情報がゲットできます!   お気に入りのバナーをポチっとしてください<(_ _)>

続きを読む

マツダMPVの車検整備!

ご成約済みのマツダMPV(LW3W) 来週の納車に向けてのんびり進行中、、、 書類がまだ届きませんができることはやっておきましょう! パッド残量は6mm以上あります。 フルード漏れもなく、ライニングも3mmほど残量があります。 ベルトは交換。。 タイロッドエンドブーツは左右とも交換、、、 なぜかプラグは中心電極が減っています。 、、、なので、交換! ちなみに社外イリジウムプラグの方がノーマルより安い!?(;一_一) 冷却水交換、、、 エアー抜きに時間のかかるクルマです(-_-;) エンジンオイル&エレメント交換、、、 そのた、エアーエレメントなどの消耗品は車検ごと交換が吉です。。 あしたブレーキフルード交換して書類を待ちましょうか。。。 当店のFacebookページを『いいね!』すると お得なキャンペーン情報や最新中古車情報がゲットできます!   お気に入りのバナーをポチっとしてください<(_ _)>

続きを読む

MPVは解体の道を、、、

どうも調子が出ないMPV(LW3W)、、、 加速時2000rpm前後でパワーにムラがあります。。 先週シャッターバルブは異常なしと判断したのですがどうもやっぱり疑わしい、、、 ※過去記事参照 シャッターバルブを駆動するダイヤフラムとの連結部分・・・バルブレバーと言う部品の欠損が代表的ですがこの車両では壊れている様子は無い、、、 でもどうにも気になってバラしていくと! レバーと連動するはずのシャフトが折れてますやん(-_-;) んで、コレを治すとなるとインマニごと交換となるようで(T_T) バンパーやラジエーター、燃料系統まで脱着しなくてはならない大仕事! お客様と相談の上、解体処分することに・・・車検や他の工賃、部品を考えるとお乗り替えという結論に達しました。 ありゃりゃ、、、 クルマは機械なので部品さえあればどんなものでも修理可能です・・・ただしコストと効果のバランスも大切です。 修理費用が次期車両購入額を上回るようなので良い決断と思います。 当店のFacebookページを『いいね!』すると お得なキャンペーン情報や最新中古車情報がゲットできます!   お気に入りのバナーをポチっとしてください<(_ _)>

続きを読む