ベンツC240のプラグ交換。。

昨日の続きです。。 泣きながら全部のプラグをはずす。。 正確にはプラグからサプレッサー(ハイテンションコード)を抜くのがムチャクチャめんどい(ーー;) 汎用のこんなモノを駆使しながらボツボツはずすのさ!(-_-;) 専用工具があればラクなんでしょうけど! 写真は5番・6番シリンダーについていたプラグ・・・左2本が6番なのですが黒くくすぶっています。。 サプレッサーの抵抗値を測ると2.3KΩ前後ですべて問題はないみたい。。。 ※ただし装着状態で抵抗値が変化することもあるから注意が必要だけど、、、 ...ってことでイグニッションコイルが怪しぃぃいいい 完全に逝かれてはいないようですが、、、 まあこれでダメなら、、、 点火信号遅れ → 本体ECU (普通チェックランプ点灯するでしょ!) 燃料過多 → インジェクター交換 (作動音確認済 もうちょっと調子悪くなるはず!?) 圧縮不良 → エンジン交換 (まあ、最後の最期です 苦笑) ・・・ってところでしょうか!? さてさて部品を発注して! オイル漏れ修理に取り掛かります。 メルセデスではおなじみのバルブカバー上からです。 きれいに掃除して取り付けなおすだけ(^^) 液体ガスケットの養生を兼ねてきょうの作業はここまで! ※手元に部品がないからどうしようもないし、、、 ヤレヤレ・・・診断機でフォルトコード吐き出してくれないとどうにもならないね。。…

続きを読む

ワコーズレックス(RECS)

神戸までひとっ走り・・・ホンダライフのタイヤをGET!!です。。。 今週中に新規修理代車ホンダライフをデビューさせてプレオくんは放流かな!? さて、日が暮れるとどっと寒さが増してきました・・・これから作業するといっても中途半端な時間です。 こんな中途半端な時間で出来ることといえば、、、 WAKO'S RECS(レックス)の施工なんてピッタリじゃないのぉ!? うちの営業車レガシィワゴン(BH5)です。 昨年末、ICSVやエアフロの清掃をして機嫌良く走るのですがアイドリング時にかすかなふらつきがあります。 走行も10万キロメートルを超えていますのでこんなもんなんでしょうがもう少し手を施してみようかと。。。 ってわけで早速施工開始です・・・適当なバキュームラインを引っこ抜いてホース突っ込んで。。。 あとはアイドリングでひたすら点滴が完了するのを待つだけのお手軽作業です! 燃焼室やバルブに堆積した汚れが除去されることで圧縮の正常化に期待しての作業です・・・ま、キレイになることに越したことはないですし、、、 いちおう用意してあるプラグですがきょうは交換しません!・・・このエンジンのプラグ交換って鬱陶しいもんね(^_^;) ※エンジン冷めるのに時間かかるし、、、 好結果を期待しましょう(^o^)丿

続きを読む

ノアのATF交換

ATF交換とのことで入庫です。。 症状をお伺いすると「1→2速へ変速するときに他よりもショックが大きく感じられる...」とのこと。。 走行距離からしてオイルの疲弊によるものでしょうがこれを機会にATFフィルター(ストレーナー)も交換されるとのことでお預かりします。。。 ※部品が必要だしね! リフトに載せて。。。

続きを読む

『WAKO'Sハードコート復元キット』のご紹介

作業場内の大掃除も飽きて脱線しまくりです(~_~;) 乗り換えご予定のお客様の車両、BMW528(1998年モデル)です。。。 車検も切れて次の車両が決まらないのでお預かり中なのですが・・・屋外駐車のためか右ヘッドランプレンズにクスミが発生しています! レンズ(カバー)部を拡大するとこんな感じです。 製造コストが安いためかデザイン重視で成型が安易なためか輸入車、国産車を問わず樹脂製のものが多くなっています・・・新車のうちはキレイなのですが経年変化でクスミが発生している車両もチラホラと! 酷くなると車検時に光量不足で落っこちますし、、、 で!このキットを施工するとこのようになります。 レンズに施工されたコーティングを除去して新しいコーティングを施します。 ※樹脂が侵食されている部分はどうにもなんないけどね! 高効率バルブに交換したりHID化もいいですけど見栄えと安全のためにまずはお目目パッチリ♪にしてね。。。 ...って、ことでワコーズハードコーティング復元キットのご紹介でした。 さあ掃除の続きだぜ!(^^)

続きを読む

ちょっぴりダルイ・・・キャラバンのベルト交換!

やれやれ。。。(~_~;) エンジン始動時にキュッキュ♪と鳴るよ・・・とのこと。。。 寒くなると多いベルト鳴きです・・・疲弊したゴム類は柔軟性を失い、さらに寒さで硬くなることで鳴きやすくなるようです。。 この車両パワステやエアコンベルトは比較的簡単ですがオルタベルトはダルイ(ーー;)・・・運転席下にサービスホールがないのでアンダーカバーをはずして車両下から工具をアクセスさせるのですが、、、 アコードにリフトを占有されていることもあるのですが思いのほか時間がかかってしまいました。。 ※難しくはないけどダルいんです... それでもなんとか交換完了♪ 取り外したベルトを見てみるとオルタのベルトだけなぜか古い。。 きっと車検時に簡単なベルトだけ交換されオルタは見過ごされたのでしょう。。 スバルプレオのSC付でもタマに見受けられますが簡単なやつだけ交換するってのはどうかと思います・・・どうせ交換するならスッキリとね!

続きを読む